2013年07月19日(金) 13時36分
  • REVIEW

これこそまさに「レベルファイブ節」! ファンならマストの「らしさ」全開お手軽パズルアクション『ようかい体操第一 パズルだニャン』

7月11日に3DSにてリリースされ、来年にはアニメ放送も予定とレベルファイブらしいメディアミックスを見せる『妖怪ウォッチ』のスマホ向け無料パズルアクション『ようかい体操第一 パズルだニャン』をご紹介。

 

 

youkaitaisou_01

 

これこそ「レベルファイブ」

 

youkaitaisou_14

 

『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』に続く「クロスメディアプロジェクト」第3弾となる3DS用RPG『妖怪ウォッチ』のスピンオフ作品で3マッチパズルアクションの本作。

ゲームシステム自体は、もはやもう目新しさどころか1週間続いたカレーの後のカレードリアのごとく食傷気味のジャンルとなってしまっているが、そこは「キャラ立て」に定評のあるレベルファイブ。

「クロスメディアプロジェクト」と銘打っているように、先日リリースされたばかりだというのにすでに来年のアニメ化が決まっている『妖怪ウォッチ』のキャラクター、世界観を前面に押し出した本作は、まあ言ってしまえば100%お子さま向けの「キャラゲー」。

 

youkaitaisou_25

 

ラッキー池田氏が作詞・振付を担当した、精いっぱい良く言って「軽く電波」な「ようかい体操第一」に、それに合わせて踊る『妖怪ウォッチ』のキャラクターである「ケータ」「フミちゃん」そして可愛らしい「ジバニャン」とターゲット層を完璧に狙い撃ち。多分テレ東の朝の番組あたりで「ようかい体操第一」やるんだろうな。

子ども受けするキャラクターや世界観を大プッシュして、それをあらゆる手法でメディア展開していくというまさしく「レベルファイブ」的アプリで、来年小学校に上がるお子さまをお持ちのご両親や、クリスマス商戦に関連商品を出して荒稼ぎしたいおもちゃメーカーなども注目の一本となっている。

 

「子どもに見せたくないTV番組調査」って廃止になりましたね

 

youkaitaisou_02  youkaitaisou_10

 

ゲームシステムは本当にシンプルな3マッチパズル。フィールド内にいる同じ色の「ジバニャン」を3つ以上つなげて消していくだけで、画面上部のケータ、フミちゃん、ジバニャンが「ようかい体操第一」を4番まで踊り切ることができればゲームクリアだ。

時間経過で画面中ほどにある体力ゲージがどんどん減っていき、これがすべてなくなるとその時点でゲームオーバー。体力はハートのジバニャンを消すと回復する。

 

youkaitaisou_05  youkaitaisou_19

 

ハートのジバニャン以外にも、周囲を巻き込んで消したり横一列を一掃する「特別なジバニャン」がいて、さらに連続でジバニャンを消していくことで「コンボ」が発生する。スペシャルジバニャンやコンボを駆使してハイスコアを目指していこう。

 

youkaitaisou_30

 

クリア回数やコンボ回数、スコアなど一定条件をクリアすることで踊るジバニャンが追加されていき、キャラに応じてゲームの難易度も上がっていく。

 

youkaitaisou_32  youkaitaisou_31

 

またパズルで遊ぶだけでなく「たいそうをみる」モードで、ジバニャンとケータ、フミちゃんの「ようかい体操第一」をじっくりと見て歌詞や振付を覚えることもできる。

まあ内容はクレ●ンしんちゃん的というか、「子どもに見せたくないTV番組調査」だったら上位にランクインされそうなくらいには「品性下劣」。「ウ●コ」が大好きな生き物である子どもに大人気となること間違いなしだ。ちなみに画面下のにくきゅうボタンを連続タップし続けるとダンスのフォーメーションを切り替えることができる。

 

果たしてブームを巻き起こせるか…

 

youkaitaisou_11

 

本作は非常にシンプル内容で本当に手軽に遊べるんだけども、難易度的には意外や意外。一番簡単なレベルでも油断してるとあっという間に体力がなくなる。これ子ども向けにするならもう少し簡単でいいんじゃないかなぁ。

まあそれなりの難易度を誇るゲームなので、普段お子さんにゲームの腕をバカにされているお父さんなどは、華麗にコンボを繰り出すことでお子さんの尊敬を勝ち取ることができるだろう。小さなお子さんって遊びの腕前を素直に尊敬しますし。親の稼ぐ金には感謝しませんけど。

ただゲーム自体は本当にシンプルなので、長く遊ばせるという面では若干の疑問も。もちろんメインとしては『妖怪ウォッチ』の方になるので、これ一本でどうこうというタイプのアプリでないのは言うまでもないことだが、せっかくスマホアプリとしてもリリースしているのだから、3DSやアニメなどとの連動要素も期待したいところ。

率直な感想として、本作や『妖怪ウォッチ』を含めゲームのみでは、それこそ「イナイレ」的な一大ブームを起こすことは厳しいだろうが、来年以降、アニメとどう絡んでいくのかという意味でも注目の一本だ。

 

タイトル ようかい体操第一 パズルだニャン
開発 Level-5 Inc.
ジャンル パズルアクション
掲載時価格 無料
公式サイト 妖怪ウォッチ

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook