2013年07月17日(水) 15時40分
  • REVIEW

入会条件は「ピュアな心」☆ あのドリクラがソシャゲでついにオープン!『ドリームクラブ ホストガールコレクション!』


今や音楽業界どころか日本経済界をも引っ張る「キャバクラ商法」をもっとなんかこう「ピュア」な形で表現した「キャバクラとは違う」キャバクラ体験型ゲーム『ドリームクラブ ホストガールコレクション!』をご紹介。

 

 

dreamclab_04

 

30歳超えてもピュアな心を持ち続けると魔法使いになれるとか

 

dreamclab_54  dreamclab_55

 

「誰がどう見てもA●B48以上にキャバクラ」であるにもかかわらず「キャバクラではありません」と恥ずかしげもなく公言し「ピュアな心の持ち主である男性しか入会できない」なんてもういかにも「ツッコんでください」的な設定を持った恋愛シミュレーションゲームとしてお馴染みの『ドリームクラブ』。

毎日女性専用車両で通勤する女性なら「何がピュアやねんっ☆」とノッてあげながら開発者の髪の毛掴んで鼻づらに膝入れたくなること間違いなしの本作は、いわゆる「ソーシャルカードゲーム」で、プレイヤーが店長となって女の子たちを集め、NO.1の「ホストガール」に育て上げるのが目的。

プレイヤーが「ピュアな心」を持った客となり、お気に入りの「姫」に貢ぎながら酒で酔わして個人情報かすめ取ったりポッキーゲームをする「ピュアファンタジー」だったコンシューマーゲームの「ドリクラ」とはいろいろと異なる面が出てくるが、「ピュア度100%」な世界観は相変わらず。

お馴染みのキャラクターに音楽、デザインなどまさしく「ドリームクラブ」の世界観が満喫できる作品となっており、おまけに新キャラクターも数多く登場とドリクラファンはもちろん、ドリクラのパッケージをお店のレジに持っていく勇気がなかった「ピュア」な男性諸氏にもおススメの一本となっている。

 

店長権限で女の子の個人情報を採取

 

dreamclab_36

 

ゲームの流れは「クエスト(店舗運営)」こなしてレベル上げつつ新しいカードを手に入れて、「合成(乾杯)」「進化(限界突破)」でカードを強化し「ガチャ」でレアカード獲得するという、まあいたって普通の「ソシャゲ」。

しかし「ピュア」(チェリー)なボーイズをひきつけて止まない魅力は、「普通の女の子」(自称)たちが華麗な「ホストガール」(ほぼ半裸)になっていくという、女の子たちの(間違った方向への)華麗で艶やかな成長っぷりだ。

 

dreamclab_05  dreamclab_08

 

3つの属性から好きなタイプを選び、「店舗運営」を行っていくことでプレイヤーのレベル、デッキメンバーたちの「信頼度」が上がっていき、さらに新しい女の子たちが入店してくる。

 

dreamclab_12  dreamclab_13

 

女の子たちの「信頼度」が上がると女の子たちの衣装が「ナイスですね」なセクシー系に変化する。もちろん進化などでレア度が高まると衣装だけでなく「ポーズ」なんかもセクシー系に様変わり。

 

dreamclab_57  dreamclab_56

 

さらに信頼度が高まっていくと、入店したばかりだと店長に本名すら教えてくれなかった女の子たちが本名どころか3サイズまで教えてくれるようになる。まるで「絶対にヌードになりません!」と宣言していた女優さんが凄腕ヌードカメラマンの前でいともたやすくマッパになるくらいの極端なふり幅である。

 

dreamclab_43  dreamclab_46

 

「店舗運営」中には「ドリームXクリエイト」というプロレス団体みたいな名前の親会社から、お店の状況を視察するための「刺客」が送り込まれることがある。まあ要は「ボス戦」で、デッキ編成で設定したリーダーカードとの「接客対決」に勝利すればアイテムなどの報酬がもらえる。

また「接客対決」はクエスト中だけでなく、他ユーザーにバトルを仕掛けるソーシャル機能も搭載されている。「攻撃用デッキ」と「守備用デッキ」など、まあほんとお馴染みのソーシャルカードゲームとなっている。

 

目指せ「ピュア」なハーレム作り☆

 

dreamclab_19  dreamclab_37

 

ゲームに登場する女の子たちは実に様々で、「これだけ集めりゃ一人くらい好みいるだろ」というおニ●ン子やA●B48でもお馴染みの「秋●康システム」を採用。クエストやバトルだけでなく、各種イベントでカワイイセクシークール系の女の子たちをより取り見取りで入店させることができる。

コンシューマー版とは異なり、店長となって女の子たちを集める「カードゲーム」となったため、あるいは「お気に入りの姫」との「ピュア」な「トゥルーラブストーリー」を求めるドリクラファンにとっては「これじゃない感」を覚えるかもしれない。

また「キャバクラじゃない」と謳いながら、アプリ内課金を含んだ「ソシャゲ」となったことでコンシューマー版と比較してもさらに「キャバクラ的」になったのは皮肉というかなんというか。

しかし森沢晴行氏の描く、若干肉感的でとびきりに可愛らしい女の子たちと「きゃいきゃい☆」と楽しみながら気軽に遊べるのはやはり何にも代えがたい魅力。従来のドリクラファンはもちろんのこと、30年以上ピュアな心を持ち続けているのに魔法が使えないことを嘆いている男性諸氏にもおススメの一本だ。

 

タイトル ドリームクラブ ホストガールコレクション!
開発 GREE Inc
ジャンル ソーシャルカードゲーム
掲載時価格 無料
公式サイト ドリコレ!|DREAM C CLUB ホストガールコレクション!|スマホアプリ

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook