2013年07月08日(月) 19時11分
  • REVIEW

ひょっとして魔王様の頭はニワトリでございますか? 鳥頭な見習い魔王のおてんばゾンビアーディと目指せ世界の破滅計画☆お手軽おとぼけキモカワRPG『まぞくのじかん』

魔王が倒されて以来弛みきった「まぞく」の中から流行りの「総選挙」で新・魔王に任命されたおてんばゾンビ「アーディ」が世界破滅のため人間どもに挑むすっとこどっこいポカスカ型お手軽キモカワRPG『まぞくのじかん』をご紹介。

 

 

mazokunojikan_01  mazokunojikan_03

 

お嬢様、魔王就任おめでとうございます

 

mazokunojikan_04  mazokunojikan_05

 

元・魔王の執事「ティーン」が実施した「総選挙」で、新・魔王に選ばれたおてんばゾンビ「アーディ」が、「イブリース大陸」を人間から取り戻す戦いに挑む、お手軽「執事とお嬢様コント」型RPGの本作。

ゲーム自体は行動力を消費してダンジョン攻略していく普通のソーシャル系RPGで今やお馴染みのシステムだが、いうまでもなくユーザーを虜にするのは「ダーク」と呼ぶにはカワイすぎるポップでキュートな世界観。

 

mazokunojikan_13  mazokunojikan_12

 

いっしょに冒険するモンスターたちもさることながら、レベルアップ時やエリアクリア時のアーディの可愛らしいイラスト演出など文句なしの可愛らしさで、さらにコミカルな設定がされた主要キャラクターたちの、どこか抜けた掛け合いも実にユーモラスで魅力的。

 

mazokunojikan_06  mazokunojikan_07

 

たとえば「執事とお嬢様」といえば、ディナーの後に謎解いちゃったり、パジャマパーティーで芋煮会しちゃったりとすっとぼけた設定でお馴染みだが、本作でも明るくって人懐っこくて人気者だけどいろいろと抜けてる「残念な子」アーディと、奥さんの尻に敷かれたまに家庭の愚痴をこぼしながらアーディにも毒を吐く「厳格な執事」ティーンのやり取りは完璧「執事とお嬢様」コント。

 

mazokunojikan_14  mazokunojikan_15

 

他にも「残念な子」アーディの「ライバル担当」を自認するわがままメデューサや、自分のちんちくりん度合いを棚に上げてアーディをこき下ろす敵キャラの王様などなど、ちょっぴりダークだけども「コミカルカワイイ」テイスト満載の世界観は、男女年齢問わず幅広いユーザーが楽しめるレベル。

もうこの世界観が気に入った人は、ほんとに見たままの世界観重視、ゲームシステムはほぼ「ソシャゲ」なカジュアルなので、この後にくどくどと長ったらしく続くレビューなんて見ないで今すぐインストールしちゃえばいいと思うよ。

 

失礼ながらお嬢様、足手まといなので後ろでサポートしていてください

 

mazokunojikan_08  mazokunojikan_09

 

ゲームの流れは「魔王国」でパーティメンバーを設定してから「冒険」でエリアおよびステージを選択しステージ、エリア攻略を目指していく。各ステージ攻略には任意の「行動値」が必要で、まあこの辺はソーシャルRPGでお馴染み。

 

mazokunojikan_10

 

「冒険」でのバトルは基本オートで、ステージに入るとすぐにパーティメンバーと敵が「ポカスカ」と戦闘を始める。画面上の赤いゲージが敵の、青いゲージがパーティのHPで、すべての敵を倒す前に青ゲージが0になったら攻略失敗。コンティニューするには課金アイテムの「魔王石」が一つ必要となる。

オートで始まる戦闘を、アーディはしばらく後ろでぼけーっと見てるだけだが、このゲームはいわゆる「放置系」ではない。バトル中に溜まっていく「アーディゲージ」を使用して3種類のサポート技を発動することがめちゃくちゃ重要。

ゲージが一定数溜まると下画面のメニューが選択できるようになり、敵に爆弾を投げつける「爆弾ビーン」に、味方を回復させる「不健康ドリンク」、さらに大量の爆弾ビーンを投げつける「激辛スペシャル」というサポート技を繰り出すことができる。

 

mazokunojikan_11

 

「激辛スペシャル」はリズムアクションのミニゲームで、タイミングにより「Perfect」「Great」「Normal」 「Miss」の4段階評価され、高い結果が出るほど与えるダメージが上昇する。

ただ、正直そこまで威力のある攻撃でもないし、10pt貯める時間も惜しいので、最初のうちは「不健康ドリンク」をひたすらタップしていたほうがイイだろう。

 

mazokunojikan_20

 

ステージクリアで経験値のほか、素材や「ゴールド」を手に入れることができる。経験値によりアーディとパーティメンバーのレベルが上がっていき、さらに素材やゴールドで強力な武器作成や、仲間の召喚でパーティを強化していく。またアーディのレベルが上がっていくと、召還できるモンスターの種類、パーティメンバーの数が増えていく。

そうして強化したパーティで新たなステージ攻略をめざし、最終的に各エリアのお城に封印してある「結界石」を奪い取り、「イブリース大陸」の封印を解いて人間から取り戻していくのだ。

 

ひょっとしてお嬢様、無課金信条の貧乏人でございますか?

 

mazokunojikan_17  mazokunojikan_16

 

 

武器作成とモンスターの召喚は、それぞれ「鍛冶」メニューと「お店」メニューから行い、武器作成には「素材」と「ゴールド」が必要。

モンスター召喚は「ゴールドで召喚」と「魔王石で召喚」の二種類あり、レアキャラ出すにはやはり課金アイテムを使用する「魔王石で召喚」が必要になってくるが、「ゴールドで召還」した場合でも、被ったノーマルキャラは「魔王国」から同じキャラ同士を合成して強化することができる。

このゲームは割と序盤から敵が強くなるので、パーティ強化は必須となってくるのだが、正直、ゴールドの入手率や敵の強さなど、少々ゲームバランス的に「??」と感じる部分があり、あるいは人によっては「課金ゲー」という印象を持ってしまうかもしれない。

特に「ゴールドで召喚」の際に、アーディがレベルアップするごとに消費するゴールドが上がっていく割に、バトルで手に入るゴールドが少ないというのは、無課金前提で考えるとなかなか厳しいかもしれない。あと行動力の回復時間が明記されていないのは不便。

ただ、課金アイテムの魔王石は、パズドラ並とは言わないが頻繁にプレゼントされるシステムだし、やっぱり世界観は最高。まだまだリリースされたばかりなのでヘルプやゲームバランス的な調整も今後図られることに期待したい。

「おさわり探偵」などのポップでコミカルダークなテイストが好きな方はもちろんのこと、ドロッセルお嬢様に「あなたは口を挟まないで」と言われたいゲデヒトニスな方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル まぞくのじかん
開発 Ambition
ジャンル RPG
掲載時価格 無料
公式サイト まぞくのじかん

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook