2013年07月03日(水) 19時41分
  • REVIEW

こいつぁまさに正統派だぜ! ぽちぽちゲーとは言わせねえ。ソシャゲとコンシューマーRPGが「正しく」融合した極上の超本格ファンタジーRPG『ブレイブフロンティア』

いわゆる「ソシャゲ」のサクサク加減でありながら、キャラクター、BGM、戦闘アクション、演出などもう「これスーファミとかPSでやってたRPGじゃね?」と超本格RPGの世界観を堪能できる『ブレイブフロンティア』をご紹介。

 

 

bravefrontier_01

 

こんな「ソシャゲRPG」を待っていた!

 

bravefrontier_02  bravefrontier_03

 

今年設立されたばかりの新会社エイリムが第一弾アプリとしてリリースした本作は、神話に語り継がれる幻の地「グランガイア」を舞台に、混沌の渦を巻き起こす「四堕神」の邪心を打ち砕くため、召喚士の主人公が数々のユニットを召還し熱いバトルを繰り広げていく、ソシャゲでありながら超トラディショナルな世界観を持ったファンタジーRPG。

 

bravefrontier_04  bravefrontier_05

 

このゲーム最大の魅力は、日本のゲームらしくデフォルメされたキャラクターと、そのキャラクターが魅せるド派手な戦闘アクション、古き良きJRPGを彷彿とさせるパノラマティックで荘厳ささえ感じさせるBGMと、どれをとって「これこそまさにJRPG!」と呼べる世界観とその作り込みだ。

基本的なゲームシステム自体はいわゆる「ソーシャルゲーム」と同じで、クエストしてカードを集めてデッキ編成していくというタイプで、本当にサクサクと進行していく割とカジュアルなゲーム。

しかし「ただのぽちぽちゲーとは言わせねえ」と言わんばかりの徹底したゲーム演出や世界観への力の入れようは本当に素晴らしく、カジュアルな操作性とスキのないゲーム的演出はまさに「ソシャゲとJRPGの正しい融合」と言っていいレベル。

「ソシャゲの何がオモロイの?」と常日頃否定的な意見を述べているようなユーザーでも、本作に限っては「これは確かにすごい」と認めざるを得ないだろう。

 

ただのぽちぽちゲーとは言わせねえ

 

bravefrontier_06  bravefrontier_07

 

すでに述べたように、基本的なゲームシステムはソーシャルカードゲームと同じ。各ステージでバトルを行う「クエスト」をクリアしていき、新たなメンバーを獲得したら「ユニット」から、パーティー編成、メンバーの強化、進化を行っていくという流れだ。 IMG_2427

 

bravefrontier_08

 

5人のユニットメンバープラス助っ人1名の6人パーティーで行うバトルは、基本プレイヤーが先行となるターン制となっていて、攻撃順はすべてプレイヤー次第で選択できる仕様。アクションボタンをタップした順にモンスターに攻撃を仕掛けていく。もちろん攻撃対象も、任意のモンスターをタップで選択すれば変更できる。

 

bravefrontier_09  bravefrontier_10

 

またこのゲーム、同じ敵への「仲間の同時攻撃」というのが非常に重要なのだ。複数の仲間で同じタイミングで敵にダメージを与えると「スパーク」が発生し、通常よりも大ダメージを与えることができるのだ。さらにこのゲームではすでにHPが0になっている敵に対して連続攻撃を加える「オーバーキル」があり、オーバーキルが発生すると高確率で倒した敵から「バトルクリスタル」がドロップされる。

 

bravefrontier_11

 

バトルドロップは集めることでユニットメンバーの「ブレイブゲージ」が溜まっていき、ゲージがMAXになるとアクションボタン長押しから斜め上へのスライドで「ブレイブバースト」を発動することができる。

 

bravefrontier_12  bravefrontier_13

 

ブレイブバーストは敵への強力な一斉攻撃のほか、味方の回復などユニットにより様々な効果を持っていて、強敵を倒すうえでは重要な必殺技だ。バトルクリスタルはドロップされてから、どのメンバーに吸収されるのかはランダムなので、可能な限り「オーバーキル」を発生させ、数多くのバトルクリスタルを獲得していくことがカギとなる。

 

bravefrontier_14  bravefrontier_15

 

また当然属性関係もあり、各ステージの属性に合わせたユニット編成を行っていくことも重要だ。ソシャゲでお馴染みの「属性」を考慮しながら、「スパーク」「オーバーキル」「ブレイブバースト」を使いこなしていくゲームシステムは、「ぽちぽちゲー」並みのカジュアルさでありながら、「ぽちぽちゲー」では味わえない爽快感をもったアクション性となっている。

 

レアガチャ、合成、ゲートの狭間。アリーナバトルにレイド戦…。正直一回のレビューじゃまとめきれねぇ…

 

bravefrontier_20

 

クエスト以外でも重要なのは「冒険者の村」での収集、村の設備強化、調合、スフィア生成などだ。簡単に言うと「村」メニューは街づくりゲームみたいなパートで、「設備強化」することで様々なアイテムを調合したり、調合素材を集められたりすることができる。

バトル中に使用する回復アイテムは「ショップ」ではなく村から自分で調合する必要があるし、ユニットの能力を強化する「スフィア生成」はゲームを進めていくうちにどんどん重要度を増していくため、村の設備を都度強化していく必要があるのだ。

また村を強化していくことで、「音楽屋」が解放され、本作で使用されている、RPGファンなら絶対に必聴レベルBGMを聞けるようになるうれしい機能も。

 

bravefrontier_16  bravefrontier_17

 

さらに、プレイヤーのランキングに併せランダムに対戦相手が組み合わされる「アリーナバトル」は、クエストとは異なりバトルの成り行きを見守るしかないが、とにかくバトル演出がデーハー(派手)。この辺の力の入れようは本当に素晴らしい。

他にもフレンド機能だったりレアガチャだったり時限イベントの「ゲートの狭間」だったり、現在準備中のレイドバトルだったりと正直このレビューですべての要素をもれなく紹介するのは無理ってくらいのボリューム。

 

bravefrontier_18  bravefrontier_19

 

その中で改めて筆者がプッシュしたいのは、やっぱり昔懐かしいスーファミテイストを感じさせ、どこかすっとほけたコミカルさを持った魅力的なキャラクターたちだ。はっきり言ってもうややこしいこと抜きに本作のキャラに惹かれた方はさっさとインストールしてプレイすればいいと思うよ。

若干中二病テイスト満載というか、恥ずかしいテキスト表現が並んだり、あとせっかくユニットキャラがゲームチックにデフォルメされてるのに、プレイヤーキャラがアニメアニメしてるのが個人的にはどうもなぁと感じたりはあるが、まあその辺は個々人の趣味の問題。

チュートリアルなど細かい所も一切手を抜いてないからこの手のゲームを始めてやるってユーザーでも何の問題もなく楽しめるし、これまで散々ソシャゲをやり倒してきたユーザーだって、ここまで作りこまれたソシャゲはやったことはないはず。

スーファミやPSの頃の名作RPGが好きで仕方のない方はもちろん、「ソシャゲww」とこれまでバカにしてきた方、正統派ファンタジーRPGを堪能したい方などにも文句なしにおススメの一本だ。

 

タイトル ブレイブフロンティア
開発 Alim
ジャンル RPG
掲載時価格 無料
公式サイト ブレイブフロンティア公式WEBサイト

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook