2013年07月02日(火) 15時42分
  • REVIEW

おいらだって、恋がしたかったんだブヒ。 愛がブー太郎を一歩ずつ豪快に狂わせる、愛と感動の更生ブヒストーリー『豚恋物語~泣くなブー太郎~』

愛しいあの子を手に入れるため、アンドレザジャイアント並の豪快な歩幅で一歩ずつ道を踏み外していくブー太郎のおかしくてかわいくて切なくて応援したくなる恋愛系進化育成ゲーム『豚恋物語~泣くなブー太郎~』をご紹介。

 

 

butakoi_01

 

どんな気持ちだい、誰にも相手にされないのは

 

butakoi_02  butakoi_05

 

ケンカに強い奴がモテるという「ヤンキーロジック」が展開される長閑な高原で、リボンをつけた可愛い「花子」を振り向かせるため「禁断の果実」を食べることを思いついたブー太郎の、悲哀に満ちたバラ色の珍生が楽しめる「進化形育成ゲーム」の本作。

進化形育成ゲームのお約束である、ブー太郎のぶっ飛んだ成長っぷりが楽しめるのはもちろんだが、このゲームでそれ以上に魅力的なのは、ブー太郎の進化にからめた切なく哀しいストーリーだ。

ただ彼女を振り向かせたい一心で、ぶっ飛んだ進化を繰り返し失恋どころの騒ぎじゃないレベルで事態を悪化させていくブー太郎の苦悩、悲しみ、怒り、諦めとが混じった「ライクアローリングストーン」な転落人生を体験できる本作は、ボブ・ディランでさえ「俺はもう二度ととんかつを食べない」とトンテキを食べながら高らかに歌い上げるであろう実にバカげた感動が味わえる一本となっている。

 

どうしてこうなった…

 

butakoi_07  butakoi_08

 

基本操作は「進化形育成ゲーム」とほぼ同じ。フィールド内にエサとなる「禁断の果実」が現れるので、プレイヤーはそれをタップしてブー太郎に食べさせるだけ。禁断の果実を食べていくと画面左上のゲージが溜まっていき、MAXになったら次の形態に進化する。

フィールド内にはブー太郎のほかに「禁断の果実」を狙っているキャラクターも存在し、プレイヤーが他のキャラにタップすると、ブー太郎は自身の形態に合わせた攻撃を仕掛けてぶっ倒していく。

中には攻撃を仕掛けても反撃を喰らう強敵もいるが、このゲームではゲームオーバーの概念はないので反撃を喰らっても、一定時間行動不能な気絶状態になるだけで死ぬことはない。他のキャラなどほとんど気にせず果実を食べてゲージをフルにさせよう。

 

butakoi_10  butakoi_11

 

最初の進化の段階で、常識的に考えれば十分非常識な二足歩行をする「ひとぶた」タイプとなったブー太郎。ところがすでに愛しい花子は番長のものに。というか二足歩行が原因じゃないのかい? それでもあきらめきれないブー太郎は、もっと果実を食べてパワーアップしようと決意。まさしくドーパミン全開の「恋はドラッグ」状態で、ここから一気に坂道を転がり落ちるがごとく、ブー太郎の転落人生がスタートする。

 

butakoi_12  butakoi_13

 

かっこよくなってあの子と付き合うはずが、「足長ぶた」や「タコぶた」などいよいよ正真正銘の化け物になっていくブー太郎。自分でも取り返しのつかない事態に陥ったことを把握して、頭を抱えうずくまり、自己嫌悪から頭を壁に打ち付け「どうしてこうなった」と実況プレイ中につぶやいても手遅れ。

もはや恋愛どころの騒ぎではないと悟ったブー太郎は、自分の体を元に戻すため「禁断の果実」をかたっぱしから試していくというア●ギですら「勘弁してください」と土下座するハイリスクしかないギャンブルに打って出ることに。

 

butakoi_14  butakoi_15

 

もちろんそんな四五六賽を使った班長のイカサマに気づいていないカ●ジ以上に勝算のないギャンブルに勝てるわけもなく、ペリカじゃなくて正気を失っていくブー太郎は悪の道に進み始める。

 

その時、荒んだ彼の心を打つ「何か」。

 

butakoi_16  butakoi_17

 

「豚獣」(トンパイア)軍団のボスとして、悪の限りを尽くしていくブー太郎。以前の仲間たちへ暴行を加えていると、隠れていた小さな子豚たちが目に入り、一瞬躊躇するブー太郎。

しかし部下が構わず子豚に暴行。その姿を見て、ブー太郎の荒れ果てた心の中で小さな「何か」が芽吹く…。ここから先は是非ともみなさんの目でご確認を。エンディングムービーまでついてるんだぜ。

まあ基本的には本当にシンプルな進化形育成ゲームで、ゲームオーバーも時間制限もないので気長にぽちぽちとやってれば自然と最終形態まで進化できるタイプ。

いわゆる「ぽちぽちゲー」と言われてしまえばそれまでだけども、本作では簡単ながらもストーリーときちんとからめているのがやはりグッド。ブー太郎の姿かたち以上に「これからどんなストーリーが展開されるのだろう」という楽しみが味わえる。

また「こんなはずじゃなかったのにっ!」と苦悩するブー太郎に、学生時代のろくでもない恋愛の思い出をフラッシュバックさせて共感するユーザーも実はかなり多いと思う。髪形とかね。

もちろん現在進行形で、「かっちょいい自分」を見せるはずが恥をかいたなんて経験をしている高校生などもいることだろう。ぶっ飛んだ設定ながらも、きちんとキャラクターに共感できるようなストーリー仕立ては、やっぱり面白い。

 

butakoi_18

 

それだけに、もっとストーリー要素を強めて、シナリオを分岐させるなどがあればもっと楽しいのになとも思えるが、現バージョンでクリアを果たすと、「Wait for the next update」の文字が。すでに公式サイトではアップデート予定で新ストーリーが追加される旨が告知されている。もっとブー太郎の物語を楽しみたい方、今しばらくお待ちを。あ、一応最終形態はぼかしてます。まあすぐクリアできるゲームだけども、念のため。

化け物の進化育成ゲーム好きはもちろんのこと、好きな人の前で恥をかいたことのある人、ゲームの実況プレイ中にうっかり違法行為がばれてしまい「どうしてこうなった…」とつぶやいたことのある方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル 豚恋物語~泣くなブー太郎~
開発 Skilach Game.
ジャンル 育成シミュレーション
掲載時価格 無料
公式サイト Skilach Game.

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook