2013年06月28日(金) 13時22分
  • REVIEW

ファンクでヒップな縦ノリビートで密輸業者をとっ捕まえろ! ダンサブルなブラックミュージックが超最高なファンキーアクション『Funky Smugglers』

ビートに合わせて膝でアップなリズム取りながら頭フリフリシャウトまでかましたくなる超クールなファンキーサウンドがもう最高の『Funky Smugglers』をご紹介ファンキーベイベッ!!(ファンクな挨拶)

 

 

funkysmugglers_01

 

エビバディピーポー

 

funkysmugglers_02

 

空港で税関職員となったプレイヤーが、X線スキャナの前を通り抜けようとする密輸業者たちが隠した密輸品をタッチもしくはスライドで奪っていくシンプルなアクションゲームの本作。なんといっても頭振って膝でリズム取りたくなるダンサブルなブラックミュージックと世界観が超サイコー。

 

funkysmugglers_03

 

funkysmugglers_04

 

ファンクでヒップな縦ノリビートのBGMに併せすいすいと行うタッチ or  スライド操作は気持ちいいし、密輸業者もでかいラジカセ担いだ黒人のアフロあんちゃん、風格タップリなスキンヘッドのいかついおっちゃん、一見人が良さそうだけども実は爆弾投げつけてくる一番ファンキーなおばあちゃんと、実に様々な『Eveybody pepople』たち。

ゲームシステム自体は非常にシンプルなものだがやっぱり海外のゲームらしく雰囲気が最高で、カジュアルでありながらファンキーな世界観も楽しめる、ブラックミュージック好きなら絶対に見逃せない一本となっている。

 

アイフィールグッド

 

funkysmugglers_05

 

funkysmugglers_06

 

ゲームシステムは非常にシンプルで、X線スキャナの中で赤く表示されている密輸品や危険物をタッチ、もしくはスライドでつかんでスキャナの枠外に投げ捨てるだけ。

 

funkysmugglers_07

 

緑のアイテムを掴んでしまうと3つあるライフが一つ減ってしまう。また危険物を取り除かないままX線スキャナを素通りし搭乗機に乗せてしまうのも同様にNG。ライフがゼロになるまでにどれだけ危険物を取り除き、ハイスコアを挙げられるかがこのゲームの目的だ。

 

funkysmugglers_08

 

funkysmugglers_09

 

途中でライフ回復アイテムとなる「救急箱」や、赤いアイテムを引き寄せる磁石、赤いアイテムのみ持った密輸業者たちが一斉にやってくるベルといった「ブースト」を持ってくるヘリが現れる。

もちろん「救急箱」や「ブースト」はハイスコアを目指すうえで貴重なアイテムとなるのだが、それよりももっと大切な「コツ」が、コンボをつなぐための必須スキル「トス」だ。

 

funkysmugglers_10

 

赤いアイテムは、タッチするだけではその場で落ちてしまうのだが、タッチしてからホールドすることで、しばらく掴んだままの状態にすることができる。

しかし、ホールド状態では「タイムリング」が表示され、タイムリングが消えてしまうと時間切れとなってアイテムが下に落ちて失敗。コンボは無効となった挙句ライフまで一つ減ってしまうのだ。

 

funkysmugglers_11

 

いかにアイテムを掴んだまま、時間切れの前に次の赤いアイテムにつなげていくかが重要となるが、普通にホールドしたまではせいぜいつなげられるのは10未満。そこで、ホールドしている指を離し、もう一度空中に浮かんでいるアイテムをお手玉の要領で掴むと、タイムリングの時間経過がリセットされる。これが「トス」だ。

トスをうまく使えば10どころか20、30とコンボをつなげていくことが可能で、その分スコアも倍増されていく。お手玉感覚でポンポンとコンボをつなげていくのは、パズルゲームのコンボとはまた違う、アクション的な快感を得られ、これまたビートの利いたBGMとの相性がバッチシで、ジェームズブラウンでなくとも「I Fell Good!」とシャウトするほど気持ちいい。

 

ユーザーを飽きさせない工夫もいろいろ

 

funkysmugglers_12

 

funkysmugglers_13

 

シンプルなゲームシステムを、最高の雰囲気で楽しめる本作だが、正直単調さが生まれがちなのは否定できない。というのも、一応搭乗させる人数など、「とりあえず」のクリア条件などがあるのだが、ステージはすべて同じでやることも一緒。延々と同じステージを繰り返していくことになるからだ。

しかし、その中でも最大限ユーザーを飽きさせないようにする工夫が随所にみられる。コンボや二本指を使っての操作など、様々な「ミッション」が与えられ、クリアすることでプレイイヤーは「コイン」を獲得できる。このコインを使って、アイテムをハロウィンっぽくしたり、X線のスキンを替えたり、なによりBGMも追加購入できるようになるのだ。

 

funkysmugglers_14

 

またこのゲームでは「チーム戦」も実施される。チーム戦と言ってもユーザーは二つのチームのうちどちらかを選択して、あとはどんどんスコアを稼いでいけばいいだけ。より多くのスコアを稼いだチームには報酬としてコインがもらえるので、BGMなどを買いたければ積極的にチームバトルに参加してスコアを稼いでいこう。

元々有料アプリだった本作、現在はiOSのみ無料でAndroid版は99円となっているので、Androidユーザーは乗り気になれないかもしれないが、ブラックなファンキー世界でありながら、どこかポップなテイストも含んだ本作だったら絶対にノリノリで楽しめること間違いなし。

ブラックミュージックファンはもちろん、ノリのいいカジュアルゲームをお探しの方、リズムダンスが必修化された小学生のお子さんに「お父さんってリズム感悪いよね」なんて馬鹿にされた経験を持つ、親の威厳を保ちたい親御さんなどにもおススメの一本だ。

 

タイトル Funky Smugglers
開発 11 bit studios s.a.
ジャンル アクション
掲載時価格 iOS : 無料
Android : 99円
公式サイト Funky Smugglers

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook