2013年06月26日(水) 18時45分
  • REVIEW

恐ろしいほど鮮やかで、清らかなほど残忍。 雰囲気重視の世界観がセンス良過ぎの謎解きアクション『BADLAND』

昨年パリで開催されたGame Connection Europe 2012 にてベストプロジェクト賞とSCEE賞をダブル受賞した、雰囲気重視のダークアクション『BADLAND』をご紹介。

 

 

BADLAND_01

 

清らかで、残忍で、圧倒的に美しい光と影の世界

 

badland_03

 

badland_02

 

頭だけの姿でしかも頭から羽が生えて空を飛ぶ、積極的には友達になりたくないタイプの「森の住人」をタップ操作ではばたかせ、様々なギミックや障害物を超えながらゴールを目指す横スクロールアクションの本作。

まあ画像を見てもらえれば一目瞭然なのだけど、色鮮やかな背景と、そこにくっきりと浮かび上がる黒い影とのコントラストが印象的な、幻想的で美しいグラフィックがこのゲーム最大の特徴。さらに鳥のさえずりや機械音など、森の美しく危険な雰囲気の醸し出すBGMも堪らない。

森の住人が電ノコでバラバラにされたり岩にグシャっと押しつぶされたりするので、一見スプラッタな映画なんかを観て「フヒヒ☆」と笑っちゃう方が大好物なジャンルに思えるが、ゲーム内演出には血とかの「グロ表現」は一切なく、むしろ「清潔な残酷さ」とでもいえる、雰囲気重視の凛とした美しさを持ったアクションゲームとなっている。

 

序盤はイージーだが、徐々に難易度が

 

badland_07

 

強制横スクロールで進むこのゲームの操作方法は基本タップオンリー。

画面のどこでもいいからタップすると、森の住人が羽をはばたかせてステージを飛んでいく。押しっぱにすることで上昇し続け、天井に接触しても押しっぱなしだと、天井に沿って転がっていく。また坂など傾斜のある地形ではタップせずともそのまま転がっていく。これが基本アクションのすべてだ。横スクロールに間に合わず押しつぶされたり、フィールド内の仕掛けでやられたらゲームオーバーだ。

 

badland_06

 

フィールド内には各種アイテムがあり、森の住人のクローンを一気に増やすものや、巨大化するもの、小人化するもの、スクロール速度のアップダウン、時計回り/反時計回りにローリングするものと、いずれもステージクリアに重要な要素となってくる。

クローンを増やした場合でも、最悪そのうちのどれかがゴールにたどり着けばクリアなので、場合によってはわざとクローンを犠牲にしなければならないときがあったり、巨大化して障害物を壊したり、逆に小さくなってすり抜けたり…。

まあ正直序盤は、チュートリアルの意味合いもあるのだろうがかなり簡単で、アイテムがなくても全く問題ないレベルでクリアできたりするのだが、徐々に難易度が上がっていき、アイテムが「必須」となってくるエリアもバンバン登場。初見でノーミスクリアできる人はまずいないんじゃなかろうか。

そうはいってもこのゲームではステージの要所要所でチェックポイントがいくつも存在し、仮にミスってもチェックポイントから開始できるのだ。謎解き要素よりもどちらかというとアクション性のほうが重要で、ステージごとにあるノルマ達成を無視してクリアのみを目指すのであれば難易度もそこまで高くはないので、ほとんどのユーザーが確実にクリアできるだろう。

 

badland_08

 

badland_09

 

本作は先日新たに「DAY2」として10ステージが追加され、今後もさらにステージが増えていく予定となっている。またシングルプレイだけでなく、「同一端末」でのマルチプレイが可能。それぞれのキャラクター操作を4分割された画面で行うことができるので、シングルプレイに飽きたら、iPhone持ってない友人とも一緒に遊ぶことも可能なのだ。

 

ストーリー性皆無が残念だけど、「雰囲気重視」が刺さったなら文句なしにおススメ

 

ダークな世界観で、物理演算を駆使した謎解きアクションといえば、Xbox Live アーケードで人気を博した『LIMBO』を思い浮かべる方もおられるかもしれない。というか筆者は普通に連想したし、実際『LIMBO』の影響は受けてるんだろうと思われる。

ただ多少なりともストーリー性を演出していた『LIMBO』と比較し、本作ではストーリーは全く見えず、だからこそ最終ステージをクリアしても単に「ステージをクリアした!」という以上の感想を持てないのが残念。世界観を生かしたストーリーが加わればもっと楽しめると思うのに。

まあそうはいってもスマホでの簡単な操作感でこれだけ雰囲気のある世界観、ゲーム性を持たせたのはやはり文句なしに素晴らしい。本作有料アプリとなるが、170円なので元取れるどころのレベルじゃない。グラフィックを見て心惹かれた方、間違いなく外れなしなのでぜひ。

 

タイトル BADLAND
開発 Frogmind
ジャンル アクション
掲載時価格 170円
公式サイト BADLAND – Atmospheric Side-Scrolling Action Adventure Game from Frogmind

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook