2013年06月14日(金) 14時29分
  • REVIEW

魔法のコトバでぽぽぽぽーん?! コトバを作って「はにかみ」たちを成長させよう☆はにかみ成長型文字パズル『もじって!はに神さまっ!』

はにわの姿をしてるけどはにわとはちょっと違う謎の生物「はに神さま」たちの斜め上行く成長ぶりと、知的好奇心をくすぐる文字パズルとがプレイヤーを熱中させること間違いなしの『もじって!はに神さまっ!』をご紹介。

 

 

mojittehanikamisama_00

 

たーのしーい、なーかまーが

 

mojittehanikamisama_13  mojittehanikamisama_05

 

2013年の春先に発見された謎の生物「はにかみ」。「コトバ」を覚え成長するはにかみを研究するため、プレイヤーが文字パズルを使ってはにかみたちに「コトバ」を覚えさせ成長させていく文字パズル&成長シミュレーション型コレクションゲームとなる本作。

文字パズルという、プレイヤーの知的好奇心をくすぐるゲーム性の魅力について説明することはもはや野暮だし、コレクションゲームもスマホでお馴染みのジャンルのため、「まあ大体想像つくよね」と食指が動かぬユーザーもいるかもしれないが、このゲームの「はに神さま」たちの成長ぶりは予想外過ぎ。

 

mojittehanikamisama_03  mojittehanikamisama_28

 

はにかみは文字パズルのスコアにより「ふつう」「よい」の2パターンに分かれて成長していき、当然はにわの姿を維持した状態で様々なバリエーションが見られるのかと思いきや、割と序盤に「妹はにかみ」という完璧普通の女の子が登場。はにわ持ってるだけじゃん。

ヒクソンですら「これが許されるならなんでもいいじゃねぇか」と抗議しかねないバーリトゥード感満載の反則技が楽しめる本作は、「魔法のコトバでぽぽぽぽーん」とばかりに文字パズルのスコア次第で様々な楽しい仲間たちが登場してくるため、「じゃあ今度はどんなん出てくんのよ?」と、作業ゲー以上のコレクション的魅力を楽しめる文字パズルゲームとなっている。

 

はにかみでしょうか いいえ、プレイヤーです

 

mojittehanikamisama_20  mojittehanikamisama_26

 

パズル自体は非常にシンプル。4×4のマス目上にひらがなが一文字ずつ配置されていて、プレイヤーは制限時間内にスライド操作で「コトバ」を作っていく。

タップで一文字ずつ選択ということはできず、一筆書きの要領でスライドさせて「コトバ」を作らなければならないという制限があるため最初はどうしても2文字から3文字程度のコトバを作ることが多くなる。

 

mojittehanikamisama_06  mojittehanikamisama_09

 

しかしこのゲームでは、配置された文字によっては5文字、6文字と数多くの「コトバ」が作れるようになっている。当然長い「コトバ」を作ったほうが「よい」方向に成長していくのだが、それ以上に「ホントにそんな言葉作れるのか?」という自分の知的好奇心をくすぐられ、何度も挑戦したいという気にさせてくれる。

またゲーム終了後に「神珠」を使うことで、そのゲームでどんな「コトバ」が作れたのかを確認することができる。

これはもちろん終了後も確認できる機能なので、パズル中に回答を表示することはできないが、「こんな言葉があったのか」などと気づかせてくれるので、次回プレイ時はもちろん、単純に自分のボキャブラリーを増やすという意味でも非常に役に立つ。「コトバ」を覚えていくのははに神さまだけでなくプレイヤー自身でもあるのだ。

神珠は課金アイテムだが、レベルアップ時などに報酬アイテムとしてもらえるので、ある程度たまったら答えを見てみるといい。

 

mojittehanikamisama_27

 

また配置された文字は「S」マークがランダムについていき、Sマークの付いた文字でコトバを作るとより成長しやすくなる。そのためじっくり考えたいところだが、制限時間は1分。長いコトバを狙っているとあっという間に終了となってしまうので、短いコトバを作りながら長いコトバを考えていくことがポイントだ。

 

プレイヤーのプライドをくすぐる腕次第の成長コレクション要素

 

mojittehanikamisama_21  mojittehanikamisama_11

 

はにかみ自体はパズルの施行回数で成長していくが、「ふつう」で成長するのか、「よい」で成長するのかはプレイヤーの腕次第となっているのも、プレイヤーのプライドをくすぐる。

中には「これがOKでこれがダメなの?」といったコトバもあるのだが、プレイヤーの「言葉選びのセンス」が問われる文字パズル最大の魅力が、コレクション要素にもかかわっているところが非常に面白い。

 

mojittehanikamisama_33  mojittehanikamisama_35

 

はにかみは一定まで成長すると、たまごを産み新しいはにかみを育てられるようになるのだが、はにかみを育てる「飼育箱」は、一つにつき1匹(一人?)のはにかみしか配置することができない。新しいたまごを成長させたい場合は、神珠をつかって飼育箱を増やすか、育てたはにかみと「お別れ」する必要がある。

 

mojittehanikamisama_38

 

それでもはに神とたまごが共存できないわけではないし、成長しきったはにかみは、しばらくするとよくわからない置き手紙とともにどこかへ旅立ってしまうので、必ず飼育箱を増やす必要もないし、無理にお別れしなくても大丈夫。

新たに生まれたたまごからどんなはにかみが生まれるのか、またどのように成長させていくのか、気がづけば筆者は文字パズルだけでなく成長型コレクションゲームとしてもその魅力にすっかり取りつかれてしまった。

文字パズルファンやコレクションゲームファンはもちろんのこと、日頃「気の利いたセリフを言ってみたい」と思っている方、「気の利いたセリフ」を思いついたんだけども披露する場面や友人がいないという方にもおススメの一本だ。

 

タイトル もじって!はに神さまっ!
開発 GAMANIA DIGITAL ENTERTAINMENT(JAPAN)CO.,LTD.
ジャンル 文字パズル&コレクション型シミュレーション
掲載時価格 無料
公式サイト アプリ 【もじって!はに神さまっ!】 公式サイト

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook