2013年06月12日(水) 20時09分
  • REVIEW

ティルト操作でドカンとSlam!!! 最新操作とレトロ感とがマッチしたレトロゲーマー必見のニューウェーブジャンピングアクション『SlamBots』

ティルト操作オンリーというスマホに特化した操作性でありながら、グラフィック、BGMとレトロ感満載でテンポのいいゲーム性にドハマりすること間違いなしのジャンピングアクション『SlamBots』をご紹介。

 

 

 

 

slambots_00

 

どっちかっていうと僕はSです。

 

slambots_17  slambots_11

 

このゲームはステージ内でオートジャンプを繰り返す忍者を、ティルト操作で左右に動かし、敵を踏みつけコンボをかまし、ステージ内のコインも集め、ハイスコアを目指すジャンピングアクションゲーム。

プレイヤーがやることといったら、端末を左右に傾けてキャラを動かし、時折画面をタップして急降下させ、とにかくモンスターを踏んで踏んで踏んづけまくるだけという、五反田あたりの女王様が聞いたらムチをしならせ喜びそうなゲームシステム。

しかしシンプルな操作性とテンポのいいゲーム性、「結構ムズイ」といえる難易度にレトロ感満載のグラフィック、BGMがとにかく気持ちよくて、Mな男性であっても「モンスターを踏み続けていたい!」と思わせる中毒性の高い一本になっている。

 

ひたすらジャンプでコインを集めて

 

slambots_01  slambots_02

 

タイトル画面をタップするともういきなりゲーム開始。何の説明もなく、いかにも「アメリカ人が考えた忍者」っぽいキャラクターが永久ホッピングマシンにでも乗ってんじゃねえかってくらいに垂直ジャンプを始める。

 

slambots_19  slambots_23

 

ほどなく画面上部からモンスターが現れてくるので、プレイヤーはティルト操作で端末傾け、キャラクターを左右に振って、モンスターの上に着地させるように踏みつけていくだけ。

モンスターに下から当たったり、横からぶつかったりするとゲームオーバー。1ステージ制で、ゲームオーバーになるまでにどれだけスコアを稼げるか、1回勝負の割とシビアなゲームシステムだ。

モンスターを連続で踏むことでコンボが発生しハイスコアを狙えるが、そのためにもより高い場所から倒していくことが重要。フィールドの左右にはランダムに消えては現れる足場があり、ここに飛び乗ってフィールドの上部からモンスターを連続で踏んでいこう。

 

slambots_04

 

また落下中に画面をタップすると急降下し、その状態でモンスターを踏むと高得点がもらえる。急降下は画面右にあるエネルギーゲージを消費するが、割とすぐに回復するのでガンガン狙っていって大丈夫。

 

slambots_18  slambots_25

 

画面上部はコインエリアとなっていて、プレイヤーは一定数コインを溜めると、ショップでパワーアップアイテムを買ったり、ステージ変更をすることができる。ワンステージのみだと正直単調になるのは否めないので、コインがたまったらステージを変えていくのがオススメ。

 

中毒性を高める難易度とテンポの良さ、そしてBGM

 

slambots_26  slambots_27

 

海外アプリのため表記は英語のみだし、チュートリアルも特にないので、はじめはいろいろと戸惑うかもしれない。また決して簡単とは言えない難易度のため、慣れる前に「ツマンネ」なんて放り投げてしまう方がいる可能性も否定しない。

だけどもティルト操作に慣れ、連続でモンスターを踏んづけていくとあら不思議。難易度に加えテンポのいいシンプルなジャンピングアクション、さらにゲームを盛り上げるBGMとがあいまって「ああっ!」「もうっ!」とか言いながらどっぷりハマってしまう。いや、楽しいっすよこれ。個人的にこれくらいの難易度だからこそ熱中できると思う。

コインで買えるステージは現在のところ3つだけだし、各種アイテムも別に言うほど効果的だとも思わないなど、まあ足りないところがあるのは間違いないけれど、それでも新しくも懐かしいジャンピングアクションとして十分楽しめる出来になっている。個人的にはBGMがオヌヌメ。

レトロゲームファンはもちろん、日頃お客を踏むのに飽きてしまいちょっと変わったものを踏んでみたい女王様などにもおススメの一本だ。

 

タイトル SlamBots
開発 Retro Dreamer
ジャンル ジャンピングアクション
掲載時価格 無料
公式サイト Retro Dreamer

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook