2013年06月07日(金) 17時06分
  • REVIEW

今、スマホアプリで最もアツい!TVCMも話題の本格アクションMMORPG『マスター オブ カオス』

LUNA SEA の最新曲も話題となり、只今スマホアプリで最もアツい本格アクションMMORPGと言っても過言ではないハイクオリティアプリ『マスター オブ カオス』をご紹介。

 

 

masterofcaos_01

 

基本操作は「ぐりぐり」&「押しっぱ」

 

masterofcaos_04

 

リリース直後からそのクオリティから数多くのユーザーに高く評価され、さらにTVCMでも話題をさらい只今Google Play、App Storeランキングで絶好調の本作。

ダークファンタジーの世界を舞台にした本格3DアクションRPGとなるこのゲームは、ソロプレイでメインクエストを進める以外にも、他のユーザーと一緒に協力プレイをしたり、日常クエストとして釣りやモンスター狩りなども行えるなど、やりこみ要素も盛りだくさん。MMORPGに慣れ親しんだユーザーなら文句なしにおススメである。

なんて書くと、「面白そうだけど、でも、ムズかしいんでしょ?」などと、普段スマホのカジュアルゲームメインで楽しむ方は尻込みするかもしれないが、ジャスラモウメンプリズ(ちょいとお待ちよお嬢さん)。

 

masterofcaos_02

 

masterofcaos_03

 

基本操作は画面左のタッチパッド「ぐりぐり」で移動、右のタッチパッド「押しっぱ」で攻撃の超シンプル。ゲーム内チュートリアルだと「クリック」って書いてるけど、毎回押す必要はなくて、移動は「ぐりぐり」、攻撃も「押しっぱ」でOK。プレイヤーのステータスを確認したければ、画面左上のキャラアイコンをタップすればいい。

 

masterofcaos_05

 

masterofcaos_06

 

基本攻撃以外にもド派手なスキル技があるけれど、それも攻撃アイコンの上に4つ並ぶ丸いアイコンをタップするだけだから、操作方法に「→↓\(前・下・斜め前)+パンチで昇●拳、のつもりが波●拳出た」みたいなややこしさは一切なし。

 

masterofcaos_07

 

レベルアップすることでモンスターを一掃できるようなもっとド派手なスキルも使えるようになっていくので、まず操作方法で「ちょっとなぁ」と敬遠気味な方はなーんの心配もいらないといっておこう。

 

ソロプレイで気ままな一人旅

 

masterofcaos_08

 

操作方法に不安がなくなっても、「でも、他の人と一緒になんかやるんでしょ? 初心者だし、邪魔者扱いされないかな…」とまだまだ不安を払しょくできない方もいるかもしれない。

 

 masterofcaos_09

 

たしかに本作は「MMORPG」(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)の形式をとっているので、街の中などの「安全区域」にはそらもう数多くの他プレイヤーが表示されているし、「世界」チャットやプライベートチャット、ボイスチャットなどで様々なやり取りが可能になる。

 

masterofcaos_10

 

しかし、もちろんユーザーはひたすらソロプレイでメインクエストを進行させていくだってできる。安全区域内には、他のプレイヤーのほかに「NPC」と呼ばれるキャラクターが存在して、それぞれ話しかけるとクエストをプレイヤーに与えてくれる。

クエストは「クエストナビ」で位置でも確認できて、そのクエストを選択すると、キャラクターはオートで次の場所に移動してくれるから、「どこにいったら」なんて迷子は一切起こりえない。

 

masterofcaos_11

 

クエストを受領するとオートで「転送ゲート」に向かい、「危険区域」のダンジョンステージに飛ばされる。あとは「ぐりぐり」と「押しっぱ」で突き進めばいいだけ。マップは右上に表示されているのでこちらも迷う心配はない。ステージボス撃破でミッションコンプリートだ。

 

masterofcaos_12

 

ダンジョンを攻略していくと、経験値のほかにアイテムやコインを入手する。レベルアップすれば新たなスキルを覚えていくこともできる。

スキルには「アクティブスキル」と「パッシブスキル」の2種類あり、プレイヤーが作成したキャラクターごとに覚えるスキルは変わってくるが、まあアクティブは「必殺攻撃」、パッシブは防御力などの「付与効果」と覚えておけばいい。

他にも愛と勇気と希望を集めてキャラクターの能力値をアップさせる「教養」や、武器製造などに重要な「生活スキル」、特殊スキルを覚えることができる「国家スキル」なども存在する。ソロプレイを極めるならば、各種スキルをどんどん覚えて能力アップさせていこう。

 

ソロプレイに飽きたら、ギルドもね

 

masterofcaos_13

 

 masterofcaos_14

 

ソロプレイに慣れてきて、そろそろMMOの醍醐味他プレイヤーとの協力プレイを始めてみたいなと思ったら、「チーム」や「ギルド」に入ってみよう。

チームは2名から4名のプレイヤーで組み、一緒にイベントやダンジョン攻略を進めていくことができる。レベルやキャラのジョブに制限は一切ない。ギルドはプレイヤー同士のコミュニティで、NPCの「ギルド会長ソール」に話しかけ、「ギルドを確認」から任意のギルドに加入リクエストを送ることができる。ギルドに入ると、「ギルド祭壇」という各種パラメータアップをすることができる「Buff」がもらえたり、様々な施設を使用できる「ギルド酒場」の利用が可能となる。

ギルドはLV15以上になって、どのギルドにも所属していなければ自分がマスターとなって設立することもできるが、最初のうちは慣れるためにも自分で作らずにまずはほかのギルドに加入してみて、どんなメリットがあるのかなどを確かめてみよう。

さらに、他ユーザーとトレード機能を使ってアイテムの交換をすることもできる。素材などの獲得に重要な要素になりうるので、是非ともこちらも試してほしい。

 

いささか洋ゲーチックではあるので、好き好きが出てしまうが…

 

masterofcaos_15

 

このように、初心者であっても簡単操作のソロプレイが堪能でき、慣れてきたら他のプレイヤーと交流しながらより深く遊ぶことができるので、MMO好きはもちろん、初心者だからこそ本作からMMOの面白さを体感してほしいといえるのだが、基本、本ゲームのテイストは「洋ゲーチック」である。

App Store/Google Play上で紹介されている画像では日本のユーザーにとっつきやすいようなキャラデザインになっているものの、まあ最初のキャラクターメイクの段階ですぐ気づくんだけど、ゲーム内のキャラクターは若干印象が変わるのが正直なところ。それとゲーム内の日本語も、意味は通じるけれど、ちょいと片言な感じ。

「バタ臭いキャラなんてダサくてイヤ!」と拒絶反応を示されたらもうどうしょうもないのだけど、まあプレイするだけなら無料なんだし、キャラクターメイクは6種類の職業から好きなものを選択することができるので、そう邪険にせず試しにプレイしてみてほしい。やれば絶対楽しいから。

それと、やはりゲームを進めていくと課金アイテムの重要度が高まってくるのだが、まあ課金の有無についてはユーザーそれぞれの判断に任せたい。やる価値があると思えば課金すればいいし、試しにプレイして「合わないな」と思えばそこでやめればいい。

いずれにせよ、スマホで気軽にコンシューマー機並みのMMOを基本無料で体験できるのだから、やってみて損は絶対にない。普段からバリバリMMOに慣れ親しんだユーザーはもちろんのこと、興味はあるけどちょっとめんどくさそうなんて思っているカジュアルユーザーにもおススメの一本だ。

 

タイトル マスター オブ カオス
開発 Koramgame.com
ジャンル 3DアクションMMORPG
掲載時価格 無料
公式サイト 『マスター オブ カオス』MOC公式サイト

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook