2013年06月06日(木) 16時50分
  • REVIEW

日本よ、これがハクスラだ。 タップひとつで度肝抜かれる豪快ラッシュ! 怒涛のバトルでスカッと痛快!! ハック&スラッシュの真骨頂『ダークアベンジャー』

 カジュアルゲームとハイクオリティゲームとの二極化が進むスマホアプリにおいて、カジュアルゲームの操作感と、コンシューマーゲーム並のクオリティとを併せ持ったハック&スラッシュの快作『ダークアベンジャー』をご紹介

 

 

darkabenjar_01

 

バトルアクションに拘り抜いたハクスラ系の痛快作!

 

darkabenjar_08

 

「ベースボールスーパースターズ」や「ゼノニアシリーズ」で全世界から高く評価を受けるGAMEVILが満を持してリリースした、いわゆる「ハクスラ系」の本作。最大の特徴はとことんバトルに特化したゲームシステムだ。

ゲームは4モードに分かれていて、一人でステージ制のダンジョンクエストに向かう「シングルプレイ」、他のプレイヤーとともにボス攻略に挑む「レイドボス」、ダンジョン内でサバイバルゲームを行い他プレイヤーとランキングで競う「無限の塔」、そして他のプレイヤーと直接バトルでガチンコ勝負を挑む「デスマッチ」とがある。

 

darkabenjar_10

 

そのいずれも「メンドクセーこたぁいいから敵をぶっ飛ばさせろ!」と言わんばかりのバトルオンリーモードで、操作方法も攻撃は画面右の攻撃アイコンのタップで簡単コンボ。移動も画面左に触ると現れるタッチパッドをぐりぐり動かせばいいだけ。

そんなシンプル操作でどんなアクションができるのか、それはトレーラーを見てもらったほうがもう手っ取り早い。

 


 

ハイクオリティグラフィックのキャラクターを使って、このド派手なアクションが、笑っちゃうほど簡単にさくっと実現できちゃうのだ。わらわらと群がるモンスターどもを「人がごみのようだ」とばかりにちぎっては投げちぎっては投げの快刀乱麻。サルでも頭空っぽにしてできる、これ以上ないくらいの痛快アクションゲームだ。

 

そこのけそこのけオレ様が通る!

 

darkabenjar_04

 

シングルプレイはステージ制のダンジョンを突き進んでいくモード。ダンジョンのクリア条件は、敵をすべてぶっ倒す「殲滅戦」と、制限時間内にステージクリアを目指す「タイムアタック」の2種類がある。

 

darkabenjar_05

 

タッチパッド操作で奥に進んでいくと、飛んで火にいる夏の虫、モンスターどもがわらわらと群がってくるので、もうひたすらタップで怒涛のラッシュ。ガチャガチャプレイで「もう誰も俺を止められないぜ!」なんてオレ様モードの快調テンポで突き進んでいける。

序盤はほぼ3連コンボで圧倒できるし、倒せなくても3連目の攻撃でふっ飛ばせるので数多くの敵を一度に相手しても問題ない。というかもっと来てくれたほうが気持ちいいくらいだ。

 

darkabenjar_06

 

darkabenjar_07

 

奥まで進むとステージボス登場。ボスはザコに比べ耐久力が強いが、それでもやるこた一緒なのでもうとにかくボコボコにしたったらええねん。ボス撃破でステージクリアだ。

 

darkabenjar_09

 

敵を倒すことで経験値やコイン、武器防具などのアイテムを手に入るので、ステージクリア後は能力アップが可能か武器防具を確認し装備を強化していこう。

 

darkabenjar_03

 

darkabenjar_13

 

プレイヤーのレベルアップに応じ各種スキルが解放され、習得することで破壊力抜群の攻撃や、各種付与効果を得られるようになる。習得には課金アイテムが必要なものもあるが、ゲーム内通貨でレベルアップさせることも可能で、ド派手な技がどんどん身についていく。通常攻撃だけでもかなり気持ちいいが、画面中のモンスターを豪快スキルで吹っ飛ばす気持ちよさはもうテンション激アガリだ。

 

他プレイヤーとのガチンコ勝負が熱すぎる!

 

darkabenjar_11

 

ただ、実はこのゲーム、「ストーリー」と呼べるような代物は存在しない。もう本当にバトルしまくり「だけ」のゲームとさえ言っても過言ではなく、むしろ「格闘ゲーム」に近い感覚すらする。

だから、というべきか、とにかく他プレイヤーとのバトルが熱すぎて面白すぎる。

サバイバルゲームの「無限の塔」も、協力プレイの「レイドボス」戦ももちろん楽しいのだが、やはり「デスマッチ」のガチンコ勝負感といったら、「高山 VS ドン・フライ」の「どうかしてる」レベルのド突きあいを彷彿とさせるような熱さで、しかも格闘ゲームのようなややこしいコマンド入力など一切ないから楽しくて仕方がない。

 

darkabenjar_14

 

darkabenjar_12

 

デスマッチはゲーム内でオートマッチングされる3対3のチームバトル形式で、リアルタイムで乱入も可能。チームバトルと言っても、「先鋒次鋒」なんてものじゃもちろんなくて、6名が一同にバドルフィールドでド突きあい。勝敗とKill/Death数がカウントされて、週間ランキングも決まっていく。

まあでもレベルが低い状態でデスマッチに行くと「高山 VS ドン・フライ」どころか「全盛期のヒョードル VS 三十路の俺」のごとくボッコボコにされるので、まずはシングルプレイでレベルを上げてから挑戦しよう。チームメイトのみなさん、ご迷惑をおかけしました…。

 

さらなるアップデートに超期待

 

darkabenjar_02

 

痛快アクションゲームをお探しの方であれば間違いなく大満足の、そうじゃない方でもハクスラの魅力に取りつかれること間違いなしの本作だが、まだまだいろいろとバージョンアップを期待したい面もある。

現在プレイヤーが選択できるキャラクターは近距離攻撃タイプの「テンプラー」のみ。こちらは今後のアップデートで遠距離タイプの「アーチャー」も選択可能になる予定なので、今しばらくお待ちをという形だが、やはりマルチプレイ要素はフレンドしか選べないといった機能を取り入れてほしい。

ランダムマッチも面白いのだが、デスマッチやレイドボス、無限の塔を友達同士でできたら最高に面白いだろう。まだまだリリースされたばかりのため、さらなるアップデートには期待したい。

しかし現状でもかなり、相当に面白いハクスラ系アクションとなっているので、ハクスラファンはもちろん、トレーラーを見てテンションMAXになった方、モンスターどもを嫌いな上司に見立てぶっ飛ばしつつ「人がごみのようだ」とム●カのように嘲笑いたい方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル ダークアベンジャー
開発 GAMEVIL Inc.
ジャンル ハック&スラッシュ型アクションRPG
掲載時価格 無料
公式サイト Dark Avenger

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook