2015年02月12日(木) 12時00分
  • INTERVIEW
  • NEWS

衝撃的すぎる “雰囲気ゲー”『el』開発者インタビュー②:ファン待望の『el』サントラがついに! そして新作も!?

美しいグラフィックとサウンド、そしてなにより衝撃的なエンディングが国内外で話題となったライトフライヤースタジオの『el』。今回はプロデューサーの西川氏、サウンド担当の山上氏に『el』の開発やサントラ、そして新作についてのお話を伺いました。

 

elinview_08

(左)グリー Japan Game 事業部 Wright Flyer Studios 部 マネージャー
『el』開発プロデューサー 西川 具亨 氏(以下 西川)

(右)グリー Japan Game 事業本部 Art 部
『el』サウンド担当 山上 毅 氏(以下 山上)

 

インタビュー前編はこちら
衝撃的すぎる “雰囲気ゲー”『el』開発者インタビュー①:「あのエンディング」に秘められた「救いの真実」とは?

 

開発期間が短くても、ユーザーを感動させるために

elinview_12

 

9-Bit『el』の特徴と言えば、影絵とサウンドだけのゲームデザインが一つに挙げられますが、なぜシルエットと BGM のみで表現しようと?

 

西川『el』はガレージプロダクションと呼ばれる 短期間でアプリ開発を行うプロジェクトから生まれたタイトルですが、デザインは 「開発期間は短いがどうしてもユーザーは感動させたい」 という中での苦肉の策でした。

 

9-Bitえっ、スケジュール前提の選択だったんですか。

 

西川単に工数を削っただけの低品質な絵ではユーザーは感動しません。彩色など工数を減らし、かつ人を感動させるオリジナリティあるデザインを考えていた時、『メリー・ポピンズ』のシルエットデザインのポスターが目に留まりました。その時「これってカッコイイな」と影絵に決めました。

 

9-Bit傘のイメージも『メリー・ポピンズ』から?

 

西川傘は、ちょうど開発していた時期に台風が多くて、テレビをつけたら傘を持ったリポーターが強風に煽られていたんです(笑)。そういえば子供の頃って、傘持って空飛ぶチャレンジとかしたなぁって(笑)。

 

9-Bitそれで傘で飛ぶアクションに(笑)。基本デザインは影絵ですが、ステージの夕景など、バックとのコントラストがハッキリしてますよね。

 

西川背景もモノクロですと、たとえば『LIMBO』のようなに世界観になってしまうんですよね。あれはあれで好きなんですけど、もう少し温かみのある世界観にしたかったので色を付けました。

 

9-Bit『LIMBO』の名前が出ましたが、何か参考にしたゲームなどはありますか?

 

西川『LIMBO』『BAD LAND』はもちろん知っていましたが、ギミックが多く制作時間的に難しいですし、特に参考にしたわけではないです。むしろ『Tiny Wings』の浮遊感の気持ちよさを参考にしました。一つの感覚で「面白い」と思わせようとしたときに「浮遊感」というのを思いついて。これを実現させるため、細かいパラメータ調整を何度も繰り返して、ストーリーとアート以外に一番手を掛けました

 

9-Bit確かに『el』はストーリー、世界観だけでなく、浮遊感の気持ちよさとイヤらしいゲームバランス(笑)のおかげでアクションゲームとして面白いですよね。このゲームバランス、難易度にしようと思ったのなぜでしょう。

 

西川やっぱりゲームはまたやりたいと思える失敗がないと面白くないので、こういうゲームバランスにしようと元々考えていました。しかも開発チームが細かいパラメータ調整しながらプレイするから、みんなうまくなるんですよ。だからどんどん難しくなって(笑)。

 

9-Bit完璧昔のファミコンソフトの作り方ですね(笑)。

 

西川難易度は最初1つだけでしたが、社内発表時に「難しすぎる」と言われ慌ててレベルデザイン見直して(笑)。それで「HARD」と「NORMAL」を作ったのですが、初めは「ノーマルが簡単すぎるんじゃないか」と心配していました。

 

9-Bitなぜブラウザゲームとはまた違う、トライ&エラーが楽しめるゲームを作ろうと思ったのでしょうか。

 

西川自分がファミコンなどで育ってきたというのと、環境がそれを許してくれたという 2 つですね。ガレージプロダクションは製作期間が短いのですが、僕らの時は「とにかく尖ったセンスのゲーム」とだけ言われていて、意思決定は開発チームに委ねられました。だから「自由って言われてるし、好きにやろう」と思って開発しました。ネイティブになってブラウザとは違う表現ができるようになりましたし。

 

ファンからの要望に応え、『el』のサントラがついに……!

elinview_09

 

9-Bitそれでは今度は『el』のサウンドについて、山上さんにお話を伺いたいと思います。セリフのない、BGM が重要となるゲームのサウンドを作るうえでテーマなどはあったんですか?

 

山上最初にテーマとしていただいたのが、「ピアノだけで表現してほしい」ということでした。参考としていくつかクラシックの曲を提示していただいたのですが、基本自由にやっていいと言われました。

 

9-Bit『el』の世界観をサウンドで表現する際に、特に注意した点などは?

 

山上いただいた画面のイメージと、やはり「浮遊感」ですね。ここに照準を当てて、イメージに合う音作りをしていくことを大事に進めていきました。それと影絵ですので、極力シンプルにしたいなと思っていました。激しい難解な曲ではなく、いかにシンプルに表現するかということを目指しました。

 

9-Bitストーリーの概要を知ったうえで、OP や各ステージのサウンドを制作されたんですよね。

 

山上そうですね。どんなストーリーであるかというのは事前にいただいていたので、それを元に構築していきました。ただ、シーンに応じて極端に曲を変えるということはしないでシンプルに、それとアルペジオを多用して「浮遊感」を出すというところは変えませんでした。

 

9-Bit曲が完成してから、西川さんなどから曲に対してダメ出しはありましたか?

 

elinvier15

 

山上実は最初に「クラシックのテイストで」と言われていたのですが全く参考にせず、勝手に自分の中の解釈で作ってしまったのでかなりドキドキしていました(笑)。

 

9-Bitまあ最初に「自由に」って言われてるし(笑)。

 

山上そうですね(笑)。ただ「大丈夫かな」と心配していましたが、チームのみんなに聴いていただいたところ、直してほしい所は何もないと言われまして。

 

9-Bitえっ、じゃあ 1 発で OK !? 『el』で使われている曲は全部で……

 

山上8 曲です。そのうち 2 曲ほどは、元の曲からアレンジで膨らませていきましたので、最初はもう少し曲数は減りますが、でもそれが 1 回で通りました。

 

9-Bit山上さんが今回作った『el』の曲で手ごたえのあるものはどれですか?

 

山上:全て思い入れがあります(笑)。どれっていうのは難しいですが、こだわったのは『Mountain Forest』という山林をイメージした曲です。これはシンプルさだけでなく、盛り上がりがつけられるようにサビ部分を作ってみました。ただ、ゲームサウンドとして曲が目立ちすぎてはいけないので心配していましたが、受け入れていただいて安心しました。

 

9-Bitアプリをリリースしてから、曲に対する反響も大きかったと思いますが。

 

山上どの曲ということではなく、世界観にマッチしたゲームサウンドとして、ピアノだけで表現しているというところの反響が大きかったですね。

 

9-Bit「el の OP 弾いてみた」みたいなユーザー動画があっても不思議じゃないですよね。

 

山上ネット上では「楽譜を出して欲しい」という要望をいただいていますね。

 

9-Bitなるほど、それはいいアイデアですね! 楽譜を出す予定はないんですか?

 

山上:今のところ、ないですね(笑)。でも出せたらいいなとは思っています。

 

西川ちなみにうちの嫁、『el』のOP 耳コピして弾いてくれましたよ(笑)。

 

9-Bit絶対やりたがる人多いですよね。しかし楽譜の代わりといってはなんですが、なんとこの度『el』のサントラが……

 

山上:2 月 11 日(※)に発売されます。

※ iTunes Music Store にて好評配信中。Amazon 等でも順次配信予定。

elinview0212_icon

▼iTunes Music Store 配信ページはこちら
http://gree.jp/r/70384/1

 

9-Bitサントラについては、以前からユーザーの要望は多かったのではないですか?

 

山上昨年から「サントラ単体として聞きたい」という要望が非常に多かったですね。アプリもアップデートで「BGMモード」を実装して、サウンドだけ聴くことができるようになったのですが、有り難いことにそれでもサントラに対する声を多くいただきました。

 

9-Bit今回のサントラ制作にあたって、何か編曲ですとか追加した部分などはありますか?

 

山上すでにエンディングが用意されている曲はそのまま使用していますが、ゲームでループさせている曲は、フェイドアウトして終わるのではなく 1 曲ごとにエンディングを加えて曲として完成させています。

 

9-Bitサントラ発売を喜ぶ『el』ファンは多いと思いますが、サントラと同じように「続編」を期待しているユーザーも多いと思います。

 

elinview_06

 

西川レビューなどでも『el』の続編を希望される方がいらっしゃいましたし、書いていない裏の話がかなりあるので、出したいんですが、ちょっと今僕が別のプロジェクトに関わっていて動けない状態なんです。

 

9-Bit別プロジェクトというのは、『el』とは全く別のゲームに?

 

西川テイストは『el』とは全く違うゲームになりますが、多層的に解釈することが重要な物語というメッセージは『el』と共通です。開発スタッフも『el』とは変わりますが、サウンドはまた山上にやってもらいます。『el』がピアノだったので、新作は情熱的な曲調でやれたらカッコイイよねという話をしています。

 

9-Bitまた山上さんに「自由に」というオーダーが入るんですね(笑)。新作ということですが、たとえば『el』のようなカジュアルなゲームになるんでしょうか?

 

西川カジュアルゲームではないので、『el』に比べると本格的なものになるんじゃないかなと思います。まだ動き始めたばかりのプロジェクトなのでお話できないことが多いのですが、とりあえず春くらいに何か発表できれば……という状況ですね。

 

9-Bit『el』のような重厚な物語を期待するユーザーにとっては注目のタイトルになりそうですね。本日はお忙しい中ありがとうございました。『el』のサントラ、そして新作楽しみにしております。それとできれば『el』のビジュアルブックも期待しています!

 

 

『el Original Sound Track』 iTunes Music Store 配信ページはこちら

elinview0212_icon

http://gree.jp/r/70384/1

 

◆『el』ダウンロードはこちらから 

elinview_14

(c) Wright Flyer Studios, Inc.
(c) GREE, Inc.

 

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook