2013年05月30日(木) 12時00分
  • REVIEW

魔界征服は部下お任せ?『僕の魔界を救って!』あと全部よろしく~。

もう勇者が魔王を倒すファンタジーは時代遅れと言わんばかりに、昨今では貧乏魔王が主人公になったり経済学者の魔王がヒロインになったりと空前の「魔王」ブームな今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。個人的には赤いマフラーの少年魔王が大好きなサバミソです。

今回ご紹介するのはそんな魔王に注目したクラウド式ファンタジーシミュレーションRPG『僕の魔界を救って!』。「魔王が救ってってどういうこと?」という人もこのレビューを読めば全てわかるはずだ!

 

 

bokunomakaiwosukuxtute_01  bokunomakaiwosukuxtute_02

 

まずは簡単にあらすじスタートォ!

 

主人公は魔界の王子、父である魔王と妃である母と幸せに暮らしていたが、ある日人間達の侵略により両親は殺され財産も土地も奪われてしまう。逃がされ一匹のゴブリンと共に逃げ延びた王子は魔王として全てを奪還することに決めたのだった…。

というのが大体のあらすじだ。人間が何故攻めてきたのか、どこからやって来たのかは謎だが、アナタはこれから地球、ならぬ魔界を魔王と共に救っていくことになる。

 

全ては部下にお任せあれ

 

といっても魔王は未だ王子なので戦う力はほとんどない。そんな魔王の代わりに戦うのは主に彼の部下である魔物達だ。

 

bokunomakaiwosukuxtute_03  bokunomakaiwosukuxtute_04

 

まずは王子の最初の部下であるゴブリンを使って土地を奪還しにいこう。

土地に攻め入るには画面下部にある「奪還作戦」をタップする。すると奪還作戦のメニューが開き「戦地」、「パーティ」、「戦術」、「アイテム」が選択できるようになる

 

bokunomakaiwosukuxtute_05  bokunomakaiwosukuxtute_06

 

「戦地」は奪還する土地とその時間を決める項目だ。土地では奪還する地域を選択する。次々と地域を奪還して行くのもいいが、既に奪還した地域に再度攻め込めば部下を育成することもできるぞ。

 

bokunomakaiwosukuxtute_07  bokunomakaiwosukuxtute_08

 

時間は基本的に無制限で良いと筆者は思うが、敵が強い土地に攻め入る時にはあえて短く設定して偵察をしてみるのもいいかもしれない。

「パーティ」は作戦に出撃するユニットを決定する。ユニットの編成可能数は魔王である王子のレベル第で増加するが常に最大人数でせめればユニットが死亡するリスクは減らせるぞ。

 

bokunomakaiwosukuxtute_09  bokunomakaiwosukuxtute_10

 

「戦術」は奪還作戦の方針だ。上から超攻撃的、攻撃的、普通、守備的、超守備的となるが特に思うところがないのであれば普通を選択しておこう。

最後に「アイテム」だ。アイテムは低確率でパーティの体力を回復したり、素早さを上昇したりするが、壊れる場合もあるのでここぞというときに温存するのも一つの手だ。

 

bokunomakaiwosukuxtute_11  bokunomakaiwosukuxtute_12

 

全ての項目を決定すればいよいよ奪還作戦が開始する。開始後はボスを倒すまでか設定した時間までユニットが自動的に戦闘を行う。ここまでくればもうプレイヤーができることはない。作戦記録を見ながらユニットの無事を祈ろう。

 

奪った資源で軍備拡張!

 

bokunomakaiwosukuxtute_13  bokunomakaiwosukuxtute_14

 

作戦が終了すると作戦の結果が報告される。報告の中には捕まっていた捕虜が仲間になったり、アイテムを入手したなど嬉しい報告もあるが、ユニットが死んでしまったなどの悲しい報告もある…。だが悔んでいる暇はない、魔界を取り返すためにも欠員分を補充し軍備を整えなければならないのだ!

 

bokunomakaiwosukuxtute_15  bokunomakaiwosukuxtute_16

 

欠員の補充には仲間になった捕虜を使ってもいいが、今回は作戦で手に入れた資金を元に「傭兵」を雇ってみよう。傭兵は下の「司令部」をタップして開く画面の「傭兵酒場」を選べば雇うことができる。傭兵には様々な種族や職業のモンスターがいるので手持ちの資金と相談して雇うといいだろう。

 

bokunomakaiwosukuxtute_17  bokunomakaiwosukuxtute_18

 

司令部では他にもアイテムを売買する「古物商」や、奪還作戦に出さなくても経験値が得られる「訓練場」、保有ユニット数の上限を上昇させる「司令部」の購入、他次元の魔王達とユニットを交換する「トレード」や当たれば大金が手に入る「宝籤」など様々な項目が用意されている。上手く使えば軍備を大きく拡張できるはずだ。

 

あぁこの感じ、昔を思い出すわ

 

以上が『僕の魔界を救って!』の基本的なゲーム流れだが、このゲーム内容には昔筆者が遊んでいたTCG雑誌のプレイバイメールゲームを思い出す。手紙出した2ヶ月後に死んだっけなぁあのキャラ…(しみじみ

 

bokunomakaiwosukuxtute_19  bokunomakaiwosukuxtute_20

 

極端な意見だが、ユニットを送りだしてしまえば後は時間まで放置するだけのゲームと言ってもいいだろう。なにせ戦闘時間は現実時間とリンクしているので、もし「50分」と決めたらプレイヤーは50分待たなければならないのだから。

だが常に画面をチェックしなくていいというのはこのゲームの利点でもある。忙しい時でも1分もかからずユニットは出撃させられるし、確認も1分あればすべてできる。正に忙しい社会人ゲーマーにピッタリなゲームだと筆者は思うので興味をもったなら是非遊んでみては如何だろうか。

 

タイトル 僕の魔界を救って!
開発 JAGS
ジャンル クラウド式ファンタジーシミュレーションRPG
掲載時価格 無料
公式サイト 僕の魔界を救って!

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , , , ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook